Facebookは来月からiOSでサブスクリプションツールを展開

0
164

Facebookは、出版社が特定のコンテンツの有料版ウォールをソーシャルメディアプラットフォームに置くことを可能にするサブスクリプションツールを公開する予定だ。



Facebook、特定のコンテンツ有料版ウォール

Recodeは、Facebookが特定のコンテンツに有料ウォールを置くことを許可する件で、Appleとの契約を結んだことを報告している。この機能は既にAndroid上で利用可能であり、iOSでも利用できるようになります。

Facebook Brown氏は、AppleがIAP問題をどのように解決したかについて詳しくは触れていないが、3月1日から機能が展開されるとしている。

すべてのパブリッシャーは、実際のパブリッシャーに送信される前に閲覧できる、無料の記事の数量を、5に下げるように、有料ウォールの数量を要求していました。

アップルは現在、iOSで販売されているサブスクリプションに30%の料金を課しています。

Facebookは現在、ツールを使用して販売されている定期購読からは、いかなる利益も受け取っていない。ユーザーが有料ウォールウォーターを押すと、サイト運営者のウェブサイトにリダイレクトされ、サブスクリプションにサインアップするだけで利用できます。