6.1 “のLCD 2018 iPhoneは、2018年、出荷台数の50%を占めると予想

0
321

アナリストMing-Chi Kuo氏から、今年後半に登場すると予測されている6.1インチLCD iPhoneに関する新情報が共有され、iPhone X機能を低価格で提供すると予測している。



6.1インチLCD iPhoneにの予測

アナリストMing-Chi Kuo氏は、6.1型LCDの出荷台数は前向きであり、2018年はその新しいiPhoneの出荷台数が約50%になると予想していると予測している。 新しい6.1インチLCD iPhoneのサプライチェーン投資レポートでは、「スペックアップグレードの受益者」または「受益者」ではなく、「新規参入者」と「市場シェア獲得者」のほうを中心に、ASPが上昇すると予測している。

彼は、プレミアムLCDモデルは、Face IDカメラ機がある、iPhone Xと同じ画面上部の「ノッチ」を特徴とすると予想している。

また、5.8インチiPhone Xよりも大きな画面を持つ一方で、LCDディスプレイ技術の限界により、エッジツーエッジのデザインは期待できないとしています。

クオ氏のメモには、6.1型モデルの方がiPhone 8シリーズでmよりもコストがかかるが、iPhone Xより安価な四角形バッテリーが搭載できるという。

製造面では、ペガトロン、フォックスコン、ウィストロンが組立を担当し、ペガトロンは生産能力の60%を占めているとクオ氏は語った。

6.1インチLCD iPhoneは、5.8インチiPhone Xの後継機種と同時にエッジトゥエッジOLEDディスプレイを搭載した新しいジャンボサイズ、6.5インチ「iPhone X Plus」になる予測です。

Kuo氏は、長年にわたり、Appleの将来の製品に関する強力な情報源です。今月は、アップルがiPhone Xの製造を中止し、2017モデルを引き続き低価格で販売し、新しい2018モデルで、iPhoneXを完全に置き換えるのではないかとの論争が起こりました。

10万円以上のiPhone Xよりも低い価格帯にすることで、消費者へ、携帯電話に必要な機能のいくつかをマイナーなトレードオフで提供することができると考えられる。