新しいMavic Proファームウェア V01.04.0300 リリース

0
1038

DJIはDJI Mavic Proの新しいファームウェアアップデート、V 01.04.0300をリリースしました。



概要

日付:2018.2.9
航空機のファームウェア:V01.04.0300
リモートコントローラファームウェア:v1.0.0.0
DJI GO 4 App iOS:v4.2.5
DJI GO 4 App Android:v4.2.5

JPEGとRAW形式でキャプチャされた写真をダウンロードできない問題を修正しました。
このファームウェアはDJIゴーグルのアップデートです:
Mavic Airのサポートが追加されました。
Mavic Airのヘッディングトラッキングのサポートを追加しました。
Mavic Airのリモートコントローラのファームウェアバージョンは01.00.0100以降になります。
Panoの写真のキャプチャと表示のサポートを追加しました。
Mavic Airでキャプチャした写真やビデオの再生やダウンロードのサポートが追加されました。

ノート:

アップデートが完了したら、ドローンとリモートコントローラを再起動します。
ファームウェアの更新が失敗した場合は、飛行機を再起動してDJI GO 4を再起動して再試行してください。
ファームウェアのアップデートにより、RTH AltitudeやMaximum Flight Distanceなどのさまざまなメインコントローラの設定が工場出荷時の設定にリセットされる場合があります。アップデートの前に、好みのDJI GO 4設定を書き留めて、好みに合わせてアップデート後に再調整してください。
ファームウェアの更新が失敗した場合は、ドローン、リモコン、DJI GO 4またはDJI Assistant 2を再起動して、再試行してください。