DJI Mavic Airのファームウェア v01.00.0200 がリリースされました !

0
1406

DJIはDJI Mavic Airの新しいファームウェアアップデート、バージョン:v01.00.0200をリリースしました。ただし、ウェイポイントはまだMavic Airに追加されていません。このファームウェアアップデートは、多数のバグや小さな問題を修正しているようです。



概要

日付:2018.02.09
航空機のファームウェア:v01.00.0200
リモートコントローラファームウェア:v01.00.0100
DJI GO 4 App iOS:v4.2.5
DJI GO 4 App Android:v4.2.5

航空機

リモートコントローラーとDJI GOなしでSmartCaptureを使用するためのサポートを追加しました。
4.グループを追加しました。
スマートキャプチャへの写真モード。
最適化されたGEOゾーン管理。
電源を切るまでの時間が短縮されました。
2.4GHzで伝送する場合の最適伝送品質。
離陸時の飛行機の揺れ現象を軽減するための離陸性能の向上。
ダウンワードビジョンシステムには適していない状況で離陸する際の離陸性能が向上しました。
時々飛行機が起動後に離陸するのを防ぐという問題を修正しました。
DJI GO 4アプリケーションで時折Downward Vision System較正エラーが表示されることがあった問題を修正しました。
初回使用時にインテリジェントフライトバッテリが完全に充電されていないと、バッテリレベルの表示が正しくないという問題を修正しました。
時々飛行機が予期せず着陸する問題を修正しました。

リモコン:

DJIゴーグルヘッドトラッキングフライト機能を使用するためのサポートが追加されました。
電源を入れる時間が短縮されました。
既定のコントロールスティックデッドバンド設定を変更しました。
リモートコントローラを自動的に再起動させることがあった問題を修正しました。
リンクが失敗することがあった問題を修正しました。
RCケーブルを使用してモバイルデバイスを接続したときにiOSデバイスの充電が開始され、DJI GO 4アプリが航空機に接続しないことがあった問題を修正しました。
機能ボタンとカスタマイズ可能ボタンのデフォルト設定を変更しました。

ノート:

アップグレードが完了したら、Mavic Airとリモコンを再起動してください。
ファームウェアのアップデートによって、RTHなどのさまざまなメインコントローラの設定がリセットされることに注意してください。
高度と最大飛行距離を出荷時のデフォルト値に戻します。アップデートの前に、好みのDJI GO 4設定を書き留めて、好みに合わせてアップデート後に再調整してください。
このファームウェアアップデートは、カメラの設定をリセットします。
ファームウェアのアップグレードが失敗した場合は、航空機、リモコン、DJI GO 4またはDJI Assistant 2を再起動して、再試行してください。