iOS 11.3ベータ版でバッテリーの状態をチェックし、バッテリーのパフィーマンス調整をする方法

0
538

約束どおり、AppleはiPhone 6以降のすべてのiPhoneで、iOS 11.3 beta 2から、利用可能なBattery Health(Beta)という設定を追加しました。この設定には、デバイスのバッテリ最大容量に関する情報と、バッテリピーク機能をオン・オフできる機能が含まれます。



Battery Health(Beta)設定

iOS 11.3にアップグレードすると、すべてのデバイスは、パフォーマンス管理を無効の状態で起動します。デバイスが予期しないシャットダウンを最初に経験した場合、システムによって有効になる可能性があります。。ただし、ユーザーは設定 – >バッテリー – >バッテリーの状態に移動して無効にすることができます。

バッテリがピーク電力出力を供給できなくなった場合、パフォーマンス管理機能によってCPUが絞られます。

現在、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SE、iPhone 7、iPhone 7 Plusのシステムでパフォーマンス管理を有効にすることができます。

iOS 11.3では、パフォーマンス管理を無効にし、最大パフォーマンスを出せるようになりました。

アップルはまた、パフォーマンス管理がいつ施行されるべきかを決めるアルゴリズムを調整しました。

アップルは、パフォーマンス管理は以前よりも、最適化されているため、ユーザが何もしなくても使用される量を動的に増減できるとしている。

iPhone 8とiPhone Xにはよりスマートなハードウェアが搭載されているため、Appleはより正確に電力管理を行うことができます。その結果、最終的にはデバイスのスロットリング効果が小さくなります。現時点で、多くのデバイスは新しい仕様んlため、ピークパフォーマンス管理をOFFにする必要ないと思われます。

バッテリー容量は、iPhone 6から2014年以降に導入されたiPhoneで確認することができます。iOS 11.3 beta 2をインストールした状態で、「設定」 – >「バッテリー」 – >「バッテリーの状態」を開きます。

最大容量の読み取り値は、バッテリーが保持できる総容量からに見積で表示されます。新しいiPhoneは100%の容量で表示され、容量が小さくなるとバッテリーの劣化が考えられます。

2番目のセクションは「Peak Performance Capability」と題されています。バッテリー管理が有効かどうかを確認するには、このセルの下にある灰色のテキストをみなければなりません。

iPhoneバッテリーの最大パフォーマンスをサポートしています


バッテリーがピーク時の電力を供給するために良好な状態であれば、画面は上のイメージのようになります。バッテリが最大の性能をサポートしていることを確認するのみで、操作はできません、

iPhoneが最大のパフォーマンスを維持できず、予期せずシャットダウンをした場合、デバイスはパフォーマンス管理を有効にします。パフォーマンス管理によってCPUが動的に減速し、バッテリのピーク電力需要が減少します。

設定をOFFにしたい場合は、設定から変更することができます(iOS 11.3の新機能)。無効にするには、青色のDisableリンクを選択します。 iPhoneの画面は、パフォーマンス管理が無効になると、次のスクリーンショットのようになります。

パフォーマンス管理を無効にすると、デバイスが予期せずシャットダウンされるまで、再びオンに切り替えることはできません。 Appleは、デバイスが予期せずシャットダウンするたびに自動的にパフォーマンス管理を再び有効にすると述べていいます。

iPhoneバッテリーの劣化確認

バッテリが著しく劣化している場合、最大容量が80%を下回った場合、アップルはユーザーにパフォーマンス調整を無効にします。したがって、アップルはバッテリーの健康状態の画面に、バッテリーを交換するように指示する追加の通知を含める予定です。

場合によっては、システムがバッテリの状態を判断できないことがあります。このような場合には、Battery Health(バッテリーの健全性)画面で交換用バッテリーを入手するよう表示されます。

Appleは、iPhoneバッテリーの健全性に関する完全な説明者を投稿し、さらに詳しい情報が必要な場合は、Webサイトの予期せぬシャットダウンを防止しています。 iPhoneバッテリーは、最大80%の容量を維持して最大500サイクル持続するように設計されています。これらの仕様を満たさないバッテリは、無償保証修理の対象となる可能性があります。それ以外の場合は、2018年末まで、割引価格ですが、バッテリー交換費用がかかります。