HomePod、次のスマートスピーカーシリーズのコンセプトイメージ

0
200

HomePodはほぼ完成し、現行はひとつのサイズになりますか、今後のAppleから登場するかもしれまない、HomePod 2のイメージと別モデルのコンセプトイメージが登場しました。

Appleは様々なレベルの音質でHomePodの大小モデルを簡単に作ることが可能なので、HomePod の可能性をコンセプトイメージから想像するのは楽しいものです。



次世代 HomePod 2 、HomePod Plus、HomePod Express

今回、登場したHomePodは、349ドルの価格で、多くのSiriの機能を提供し、ゴールドやシルバーのようなさまざまなカラーオプションを導入する可能性はあるものの、フォームファクターの変更はあるのだろうか?

HomePodがスマートなスピーカーのフルラインナップに進化するには、Appleはより大きなバージョンと小さなバージョンを導入する必要があります。コンセプトイメージでは、HomePod PlusとHomePod Expressとよんでいます

HomePod Plusは、元のHomePodとHomePod 2の形状とは異なる必要がありますが、Appleはほとんどの場合、同じフォームファクターに固執する傾向があります。シリンダーの形を取って幅を広げれば、HomePod のコンパクトなサイズを維持しながら、より大きな音の新しいスピーカーを作り出すことができます。

HomePod Plusでは、HomePodが2つ、一体的した形をイメージしています。また創造的な機能としては、iPhone用のAirPowerスタイルのワイヤレス充電器を上面に設置し、iPhoneの充電を可能にしています。

Appleは、より高価なバージョンのライン入力とLAN接続を保存することで、HomePodのI / Oが不足しているスピーカーのヘッドの強化が可能です。

最後に、AppleはHomePod Expressというより安価なポータブルバージョンがイメージされています。 HomePodはすでにiPodの時代から「Pod」という名前を借りており、HomePod Expressはハイエンドモデルで使用されているタッチ面の代わりに、iPod Classicスタイルのクリックホイールコントロールを使うことでさらに進化する可能性があります。

HomePod Expressは、以前のiPod touchモデルに含まれていたLoopアクセサリーと同様に、独自のストラップを巧みに組み込むことができ、耐水性があればHomePod Expressは最高のプールパーティースピーカーになる可能性があります。

もちろん、ホームポッドを家から外に出すことはポータブルパワーが必要になります。 HomePod Expressには、ワイヤレス充電機能付き内蔵バッテリ、充電ポート不要、バンドルされたワイヤレス充電ベースが含まれています。