Zephyr、ドローンシミュレータ・アプリで飛行スキルを向上!

0
608


都市に住むことの欠点の1つは、ドローンを飛ばす機会が限られていることです。
飛行可能な空域の場所にいくのもたいへんでなかなかドローンの練習が難しいですよね。

DJIにはDJI Goアプリに組み込まれた独自の無人シミュレータがありますが、実世界の物理シミュレーションを正確にシミュレートするというより、概念的な実装がされたアプリです。今回、ドローンの実際の飛行特性を正確にモデル化するという、MacとWindows用のシミュレータ、Zephyrを試してみました。



Zephyr:ドローンシミュレータ・アプリ

アプリは以下のドローンの飛行特性をシミュレートできます。

  • DJI Mavic Pro
  • DJI Phantom 3
  • DJI Phantom 4
  • DJI Inspire 1
  • DJI Inspire 2
  • 3DR Solo
  • Syma X5C
  • Autel X-Star
  • Parrot Bebop 2
  • Yuneec Typhoon
  • Robotic Systems Titan MkV

ドローンの実際のコントローラーを必ず使用することはできませんが、Zephyrはドローンのコントロールと一致するさまざまなRCトランスミッターで利用できます。たとえば、Mavic Proにマッチするように、ZephyrはFly Sky FS-i6Sコントローラを提供しており、外観は異なっていましたが、制御レイアウトは同じです

ドローンのコントロールを正確に再現するために、いくつかのオプションを変更する必要があるかもしれません。カメラチルトコントロールを同じ場所に置くには、これを行わなければなりませんでした。

モード

このアプリの主な目的は、はじめてのドローンパイロットのためのトレーニング環境を提供することです。確かに、同社はこのアプリの能力に自信があり、ドローン飛行をしたことのない人は、このシミュレータのトレーニングプログラムを完了後は、自信を持って本物のドローンを操縦できると言います。


トレーニングプログラムを進めるには、基本トレーニングを選択してからモジュールを選択します。これらを順番にやり直すこともできますし、まっすぐにジャンプすることもできます。

選択できる5つのシナリオもあります。

  • 丘(開かれた田舎)
  • ヤード(家と庭)
  • 障害物コース(タイムド・チャレンジ、アプリに一番近いゲームになる)
  • コミュニティパーク(遊び場)
  • 駐車場(建物と車)

飛行

あなたのモジュールを選択したら、まったく同じようにドローンを起動します。Mavic Proの場合は、両方のスティックを下に動かすことでドローンを離して飛ばすことができます。

最大解像度を選択しても、グラフィックスはかなりスターンダードです。これは写真のような現実的な環境ではなく、古い世代のゲームに似ていますが、グラフィックスは操作を確認するには十分です。

ドローンアイビュー(iPhone / iPad画面に表示されるもの)とパイロットビューを切り替えることができます。どちらを選んでも、他のビューの小さなバージョンも右下に表示されます。

アプリはまた、あなたがFAAの規則に従って合法的に飛行していることを確認しています。たとえば、ドローンを見失った場合、そのドローンは違反として表示されます。

トレーニングモジュールと課題については、飛行する場所を示すためにボックスが画面に描かれています。たとえば、1つのボックスを飛ぶか、別のボックスに移動するか、特定のものの写真を3つ目から撮影するように求められます。

グラフィックは限られていますが、ドローンをすばやく飛行させることは非常に現実的です。 Mavic Proの操作は、スピードと応答時間の点で本物のように感じられ、実際のコントロールを使用すると、シミュレートされた世界に没頭できます。

また、風の強い条件で飛ぶことを選択することができます。

今後の計画

Zephyrはアプリに機能をさらに追加する予定です。

撮影がドローンの主要な目的の1つであることを認識して、同社は基本的な映画操縦を教えるために特別に設計された新しいトレーニングモジュールを追加する予定です。ショットの表示、スムーズなパンニングなどのようなものがあります。

また、新しいドローンモデルを追加する予定です。また、成長するプロフェッショナルマーケットを考慮して、タワー検査作業用の新しいモジュールを追加する予定です。

まとめ

コンシューマーアプリの場合、Zephyrは99ドルで、または適切なコントローラーがバンドルされたものは、139ドルです。

しかし、ドローン初心者にとっては、価値のある投資になる可能性があります。実際のドローンを箱から出して使う前に基本的なトレーニングモジュールを完成させれば、クラッシュを招く一般的な初心者ミスを避けることができます。無人機の修理費用や交換費用を考えれば、それは良い保険と考えられます。

Zephrは同社のウェブサイトから入手できます。シングルユーザ版のProfessionalオプションを選択します。

Zephrウェブサイト