安眠できる最高の睡眠トラッカー・おすすめベスト6

0
544

熱狂的なブームから、睡眠追跡技術はますます一般的になってきています。もうそれはフィットネストラッカーの二次的な機能ではありません。睡眠トラッカーは、睡眠の質に関する追跡情報を使い、質のよい睡眠をとることで、ライフスタイルも改善、精神面での健康改善や肉体的疲労回復に効果をもたらします

今日、市場には、睡眠を測定することができるさまざまな製品があり、それぞれに独自の長所と短所があります。ユーザーそれぞれに適した最良の睡眠トラッカーは何かベスト6でまとめてみました!

ハワイセンスボイス(Hello Sense With Voice)

ハワイセンスボイスは、あらゆる面で賢い感覚睡眠トラッカーです。2016年には第1世代のデバイスを見直しを図り改善され、さらに優れた睡眠トラッカーとなっています。球の形態は、リストバンドなしでスリープ状態を追跡したり、スリープモードの設定を記憶します。 Nest-esqueトラッカーには、睡眠環境の概要を記録するためのマイクロフォン、光センサー、微粒子センサー、温度センサー、湿度センサーなどのセンサーが装備されています。

睡眠追跡データは、小さな「スリープピル」という、睡眠パターンを記録するために枕に取り付けるツールを使って取得します。追跡データは、Senseのモバイルアプリからアクセスできるスリープログとして表示されます。これは包括的な睡眠レベルと、寝室の環境が睡眠にどのように影響したかを数値でみることができます。



Beddit 3 Sleep Tracker

Bedditは、睡眠を妨げる可能性のある睡眠を追跡するツールを身に着ける必要のない、睡眠トラッカーです。 Appleは2017年に、この会社を買収し、最近はまだ、Apple Storeを通じて別個の製品として販売されています。第三世代のBedditは、センサをさらに縮小し、使っていることがわからないくらいのサイズになりました。また、睡眠の持続時間、質、呼吸数、さらには心拍数など、あらゆる種類の睡眠データを追跡することができます。

スリープナンバーSleepIQ K1キッズベッド

スリープナンバーSleepIQは、高価な子供用ベットにつた追跡トラッキングツールですが、価格なりの素晴らしい効果が期待できるものです。スリープナンバーSleepIQは、睡眠モニターを内蔵したマットレスで、親が子供の睡眠パターンをアプリから直接監視できるようになっています。他の睡眠追跡トラッキングツールと同じ機能をもっていますが、眠りにいざなう、金色の星を描写したり、子供が目を覚ましたときにベッドの下の空間を照らす機能など、子供の睡眠に役立つツールも兼ね備えています。マットレスはまた、ブレスレットやマットレスパッドを必要とせずに睡眠を監視し、ベッドには夜間ライトが装備、親は子供が眠ったときに遠隔からオフにすることができます。子供がベッドを離れると、親は警報を受け取ることができ、子供の危険な行動を確認することができます。



Beautyrest Sleeptracker

BeautyrestのSleeptrackerは中でも素晴らしい睡眠追跡トラッカーです。マットレスとボックススプリングの間に追跡用のセンサを配置できます。設置後は、デバイスが眠ったときから自動的に検出し、心拍数と呼吸数を記録します。また、内蔵の人工知能を利用して、さまざまな睡眠段階(光、深部、およびREM)を検出します。時間の経過とともに、AIエンジンは、個々の睡眠習慣に基づいたより良い睡眠のヒント、および睡眠の夜の後に提供する情報を提供するように働きます。Sleeptrackerが高価なツールであっても、確かにその価格を払う価値があるツールになります。

S + ResMed

なかでも高度なデバイスの1つは、ResMedのS +です。このデバイスは基本的にナイトスタンドの横におけ、ベッドシートの下に何かを置く必要なく、睡眠習慣を追跡できます。超音波パルスとソナーの組み合わせで、Sleeptrackerは息を吸う際の毛布の動きから胸の動きを監視することができ、睡眠の質を確認するのに役立ちます。もっとクールな点は、デバイスが携帯電話のスピーカーを介して音楽を再生することができ、呼吸リズムと音楽のテンポとを一致させるような形で再生するこができます。

Withingsオーラ

Withingsオーラは、Beddit Sleep Trackerとよく似ていますが、いくつかの追加機能があります。 Bedditのように、Auraは、マットレスの下に潜り込ませてせっちができ、心拍数、呼吸を追跡する心弾道センサーパッドが装備されています。ただし、このパッドは、光をだして色が変化するスピーカーにも取り付けられています。これらのコンポーネントを並行して使用することで、オーラは寝ている時を感知し、睡眠時間を短縮する光の波長を放出します。また、これらのコンポーネントを使用して、いつ起きようとしているのかを判断し、青い光を発光
させ、眼を覚ますことを助けます。

睡眠データは自動的に測定基準値を、総睡眠時間などを確認できるヘルスメイトと呼ばれるWithingのアプリと自動的に同期します。オーラはiPhone 4S以降で動作しますが、Androidユーザーの場合は、Bluetooth LEが必要です。