サプライヤーInventecから、最初の100万台HomePodの出荷を開始

0
129

昨年の発表以来、発売が遅れに遅れていたApple HomePodですが、新しいレポートによると、Apple HomePodスマートスピーカー、最初の出荷が、サプライチェーンのパートナーから始まったという報じています。

台北のタイムズ紙は、AppleのサプライヤーであるInventecが、100万人のスピーカーをAppleに限定して出荷し始めたと報じている。今月初め、GBHの洞察から分析した結果、HomePodは今後、4〜6週間でリリースされると予想されている。

Inventecは、製造元のHon Hai Precision Industryとともに、立ち上げ時にHomePodを製造するサプライヤの1つです。昨年秋、両社が生産を均等に分割するとの報告があった。 昨年の11月、Appleは2018年初めにHomePodのリリースを延期する決定を下し、スピーカーの準備が整う前に「もう少し時間が必要」と述べていました。 Taipei Timesはソフトウェアの調整を遅延の主な原因として挙げています。

HomePodの立ち上げの遅れは、ソフトウェアとハ​​ードウェア統合ための微調整によって引き起こされたと言われています。

Appleの通例としては、初出荷100万台は控えめだが、この報告書によれば、今年の年末までに1000万〜120万の出荷を予定している。

HomePodのスロースタートは、他のメーカーに、先行してスマートスピーカーを販売するチャンスを与えてしまいました。今年のコンシューマーエレクトロニクスショーでは、Google AssistantとAmazon Alexaを搭載した競合製品であふれていましたが、アナリストはAmazon、Google共に競争率が激しく、スマートスピーカーで損失を出している可能性があると述べています。他のメーカーの魅力的な製品により、消費者のホームポッドに対する反応は厳しくなる可能性があると述べています。

AppleはHomePodの販売を開始する日程を、まだ明らかにしていないが、昨今、HomePpdのために、"Give me the news" などの新しいSiri機能の導入を拡大している。