Google Assistantを使用し、ArloカメラのフィードをChromecastできるように!

0
202

Netgearのワイヤーレスセキュリティカメラ「Arlo」は、市場で安価なカメラではありませんが、非常に人気があり、見るのも面白く、機能も充実しています。
ArloカメラをGoogle Homeアプリに追加すると、Google Assistantにカメラフィードを呼び出すことができ、Chromecastと統合することができるようにあんりました!。 iOSとAndroidのGoogleアシスタントに動画をストリーミングすることはできますが、Chromecastの統合は本当にうれしい対応です。



Google Assistantを使用し、ArloカメラのフィードをChromecast

「OK Google、リビングルームテレビでフロントドアを表示」
これで、Google Homeから、玄関のセキュリティカメラ、Arloを呼び出し現在のリアルタム映像を、Android TVに対応しているテレビに写すことができるようになります。

LogitechのCircleやNest Cam IQをはじめとする他のセキュリティカメラもGoogle Assistantに対応しました。 Nest Cam IQを使用すると、カメラの内蔵マイクとスピーカーを限定されたGoogleホームとして実際に使用できますが、Netgearは、ArloやNest Cam IQほど、うまくは接続できませんでした。

ただし、ほとんどのArloカメラは、Fire TV、Fire Tablet、Echo Showなどのスクリーンを備えたAlexaデバイスではすでに連携が対応されています。また、Arlo Baby Smart HDは、AppleのHomeKitでApple TVをサポートしていますので、
Google HomeとChormecastの対応は少し出遅れた感じではあります。

音声アシスタントは、タイマーの設定とスマートホームの制御の2つの領域で機能します。 Google AssistantとAlexaの統合は、私たちが家庭で使用している小型スマートカメラのデフォルト機能に今後なっていくかもしれません。