DJIファントム4の登場詳細

0
261

先日、新しく発表されたDJI Phantom 4 RTK(Real-Time Kinematic)について報告しました。非常に正確なマッピング技術を備えたこの新しいDJIモデルは、中国の無人機メーカーの公式イベントで登場しました。そこでは農業用の2台の新しいドローンが導入されています。ファントム4 RTKの詳細は当初は非常に限定されていましたが、Phantom 4 RTKに関する新しい写真や情報が新たに登場しています。

Facebookでの記述:

「D-RTKは、DJI A3シリーズのフライトコントローラー用に特別に設計された高精度の航行および測位システムです。ダイナミック差動テクノロジーを使用することで、超高精度、センチメートルレベルの3D位置決めが可能です。一般的な気圧計、​​コンパス、GPSシステムに比べて精度が向上しているため、D-RTKは精度が不可欠な商業、産業、科学のアプリケーションに不可欠です。

DJIは、まだプロトタイプではあるものの、中国でのイベントでPhantom 4 RTK(Real-Time Kinematic)を発表され、購入可能時期はまだありません。これはPhantom 4 Pro 20メガピクセルのカメラを使用し、より正確なRTKレベルのデータを提供するために、高精度GNSS(衛星測位)モジュールによって補強されています。これは、フライト時および後処理時にセンチメートルレベルの精度が必要な測量およびマッピングアプリケーション用に設計されています。

PC GS Proは、精度の高いRTK、1インチの20メガピクセルCMOS、OcuSync 2.0 HDデジタル画像伝送技術を搭載したPhantom 4 RTKで簡単に作業を完了できます。また、Phantom 4 ProとPhantom 4 Advancedをジョブに使用することもできます。

PC GS Proは農地の自動画像取得にDJI UAVを使用でき、農地2D画像はリアルタイムで合成できます。従来の手動計画よりはるかに効率的な550muプロットの画像収集、処理、雇用計画を完了するのに25分しかかかりません。ユーザーは地図を作成した後でイメージをインポートして、より正確なイメージを取得することもできます。