【取扱注意‼︎】iOSとmacOSのメッセージをクラッシュさせ再起動を引き起こす「特殊リンク」が発見される‼︎

0
277

時に、ある特殊なリンクが、iOSやmacOS経由で送信されると、奇妙なリンクやテキストが表示され、受信者のデバイスに大きな問題が引き起こす事があります。今日新たに発見された、特殊なリンクは「chaiOS」と呼ばれ、表面上、基本的なGitHubリンクですが、macOSとiOSの両方のメッセージで受信されるとクラッシュを引き起こします!

この問題はTwitterのユーザーAbraham Masri氏によって最初に発見されたました。Abraham Masri氏は、MacOSとiOSで、フリーズ現象、アプリの再起動、バッテリー浪費など、多くの問題を及ぼすという

chaiOSのバグをテストしたところ、その問題を引き起こすリンクを送信すると、送信者と受信者の両方のデバイスで、メッセージアプリが即座にフリーズし、クラッシュを引き起こしました。さらに、スレッドに再入力すると、メッセージアプリが、再起動をしても何度もクラッシュを繰り返し、復帰できなくなってしまうようです。**実行可能な唯一の解決方法は、スレッド自体を一度削除し、新しいスレッドで再開するしかないようです。
**
macOS Safariの場合、ローディングのビーチボールイメージが回転したまま、クラッシュします。

この問題の原因は未だに不明で、数年前にiOSデバイスを悩ました「有効電力」のバグに挙動が近いものになっています。

この問題は一般的に無害で、主にソーシャルメディアやメッセージのいたずらに使用されます。Appleは、一般的に、有害でOSにクリティカルなダメージをあたえる問題以外は、緊急の修正アップデートを公開するリスクを負わないため、これらのタイプの問題には修正アップデートを急いでいません。

問題のリンク自体は、下記の埋め込みツイートにありますが、端末を完全にフリーズしたり、メッセージがまったく開かまくなる恐れがありますので、絶対に使用をしないでください。