新しいiPad Proは3.5mmジャックを廃止、Face ID対応でスマートコネクタは底面に移動

0
81


今週の初めに、今年後半にリリースされる予定のiPad Proモデルについて最新情報を報告しましたが、新たに、Macotakaraは、新しいiPad Proの詳細情報を報告しています。



新しいiPad Proは3.5mmジャックを廃止、Face ID対応でスマートコネクタは底面に移動

Macotakaraは、2018 iPad Proのサイズに関する追加情報を掲載しています。 10.5インチモデルは、現在の寸法250.6mm×174.1mm×6.1mmと比較し、247.5mm(H)×178.7mm(W)×6mm(T)になります

一方、12.9インチのiPad Proは、280mm(H)x 215mm(W)x 6.4mm(T)の大きさになり、現行モデルのサイズ、305.7 x 220.6 x 6.9mmより少し小さくなります

Appleは、同じサイズのディスプレイをかなり小さいボディにおさめており、12.9インチモデルは全体的なフットプリントを減らすことに重点を置いているようです。

このレポートでは、また、Appleが今年のiPad Proモデルでヘッドフォンジャックを廃止する可能性があると説明しています。Appleは、iPhoneですでに3.5mmヘッドフォンジャックを廃止しており、iPad Proでも同じ仕様になる可能性は高いと思われます。

Macotakaraのレポートでは、今年のiPad ProモデルでFace IDが搭載される事がが裏付けられていますが、これまでのレポートのように、横向きのFace IDはサポートされていません。これは、スマートキーボードなどのアクセサリー使用時に横長モードで使用するiPad Proでは大きな問題となります。しかし、Macotakaraは、Appleが今年のモデルでSmart ConnectorをLightningコネクタに近い背面下部に移行していると述べている

次のiPad Pro Smart キーボードは垂直位置仕様に変更されるかもしれないと説明している。これはiPad Proが垂直方向にSmart Keyboardにドッキングすることを暗示しているようだ。