Google Assistantの新しいスマートディスプレイ登場!

0
273

数カ月の間にGoogle Assistantのパワースピーカーが数多く登場し、さらにCES 2018で新機種が多くデビューしました。また、今週は、ディスプレイを兼ね備えた新しい端末もデビューしています。

今週のCESで、LenovoとJBLは、Googleと協力してアシスタントを搭載した新しいスマートディスプレイを発表しました。ハードウェアとソフトウェアの両方が、今後のGoogleにとって大きなビジネスとなりそうです。

レノボのスマートディスプレイは、デザインに関してはかなり基本的な製品です。8インチまたは10インチのディスプレイの左側にはスピーカーグリルがあります。裏側はシンプルな灰色で、デザインフォームはうまく設計されており、物理的なプライバシーシャッターのような機能が特徴としてあります。

大きな特徴はソフトウェアの方にあります。ディスプレイ用のGoogle、最新のAndroid、Things-based OSは、新しいカスタムインターフェースでGoogle Assistantを実行します。このディスプレイでは、標準のGoogleホームやアシスタント対応のスピーカーができることは何でもできますが、いくつかのメリットが追加されています。

そのメリットには、カレンダーのイベントを視聴できるだけでなく、天気や最新のニュースを視覚的に確認したり、地図上で道案内をしたり、交通情報を見ることができます。最も大きな注目点の1つは、Google Duoで電話をかける機能であり、簡単でスマートな仕様になっています。

これらの「スマートディスプレイ」はGoogle Assistantの未来だと考えています。スピーカーは素晴らしいですが、このソフトウェアとディスプレイの組み合わせは、さらに魔法のようになります。

Lenovoのスマートディスプレイは、今年後半に199ドルで発売され、他のメーカーは今後数ヶ月以内に市場にでる予定です。