ユニークなAppleアクセサリーがCES 2018で登場!

0
410

毎年ラスベガスで開催されるコンシューマーエレクトロニクスショー(CES)で、世界最大のテクノロジーブランドがラスベガスを席巻し、今年、来年に登場するでろう、革新的な商品を披露します。ラスベガスの明るい光と音楽の雰囲気で、華やかで明るく装飾されたブースは、カーニバルのように訪問者を魅了します。

しかし、すべてのイベントにはサイドショーがあり、CESも例外ではありません。メインショーの騒音や興奮から離れて、ガジェットのファンドハウスで面白い商品の発見をすることができます。そこでは、現実が歪曲し、ニッチな世界の驚きがあります。ここでは、アップルのアクセサリーや製品のクローン世界が広がっています。

CES 2018でみつけた奇妙な、コピーキャットな、Appleギアのいくつかを見てみましょう。



ホームポッド

アップルの最初のスマートなスピーカー、HomePodのリリースを多くのAppleのファンが熱心に待っていますが、12月に、AppleはHomePodのリリースが2018年まで延期されると発表しました。

しかし、CESではそれを早期に実現してくれる面白い商品が登場していました。 2つ以上の会社が、展示フロアに独自のホームポッドクローンを展示していました。メッシュの外装と白黒のカラーオプションが完備されており、1つのメーカーはアップルのさらに先をいって、HomePod miniをお披露目しています。

遠くからながめると、外観はまさにHomePodですが、近くでみると、Siriビジュアライザーの代わりに、標準的な物理的なボタンがあうことがわかります。

AirPods

アップルのAirPodは、登場してから大人気の商品です。しかし、在庫不足にまだ悩まされており、入手困難な状態はまだ続いています。

AirPodを手に入れることができない人は、代わりにBH1 Bluetoothスポーツヘッドフォンで解決するかもしれません。複製されたキャリング/充電ケースと、Appleの以前のイヤーポッドとオリジナルiPodイヤホンのようなデザインをみると、馴染みがない人は、AirPodのように、ダブルタップでSiriにアクセスできると信じてしまうかもしれません。



AirPower

AirPowerマットは、iPhone 8,8 Plus、およびXと並んで発表され、新しいiPhone、Apple Watch、新しいキャリングケースAirPodsを充電するAppleの公式ソリューションです。しかし、ホームポッドのように、まだ手に入れることはできません。

ベルキンのような人気ブランドは、AirPowerスタイルのマットをデビューし、KickstarterではQiチャージャーとApple Watchドックを一体化した充電マットが登場しています。

Apple Watch

アップルウォッチのクローンは新しいものではありませんが、2018年には一部の企業がこれをさらに進化させ、アルミニウムアップルウォッチの外装ケースとバンドスタイリングを完全に再現するスマートウォッチを作成しようとしています。

デジタルクラウンに赤い点があるモデルは見つかりませんが、「スポーツ」バンドのカラーマッチングピンとして同じなデザインが検討されています。

もちろん、不十分な部分はソフトウェアです。 Apple WatchとiPhoneの間で提供される統合接続とソフトウェアは、大規模なメーカーでも対応できない機能です。

ホームボタン

コンベンションセンターの片隅で、奇妙なアップルアクセサリーを見つけられます。それは、 iPhone X用のホームボタンドングルです! このiOSデバイス用のドングルは、中国の会社によって作られた最新アクセサリーです。ホームボタンの物理的なクリックをiPhoneへ提供することができます。

Lightningアダプタを接続すると、完全に再現されたホームボタンがよみがえります。ドングルにはヘッドフォンジャックとライトニングコネクタが付いていて、iPhoneを充電し、音楽を聴くことができます。