2018年リリース予定のiPhoneダミーユニットが登場!iPhone Xとサイズ比較したビデオ

0
158

今年のiPhoneアップグレードに関するアップルの計画は、これまでに情報が多く流出してきています。 Macotakaraは、ダミーユニットとの比較ビデオを公開し、デバイスの詳細を詳しく説明しています。



2018年リリース予定のiPhoneダミーユニットが登場!

ブログでは先週、アジアのサプライチェーンを通じて「最終設計」の回路図がリークされており、詳細な3Dモックアップを作成できるようになったと報告しています。

今年発売予定の5.8インチiPhone Xについては、寸法は143.65mm×72.03mm×7.69mmとなっている。興味深いことに、これらの数値から、今年のモデルが1.1mm広くなることを示していますが、Macotakaraはボタンの高さなどから、回路図に起因する矛盾があることを注意しています。さらに、このブログでは、3Dプリントされたモックアップで現在のiPhone Xのケースを正常に使用することを確認しています。

今年登場予定の6.4インチのOLED iPhoneについては、157.53mm×77.44mm×7.85mmの寸法になっています。最も簡単な比較は現在のiPhone 8 Plusで、これは約1mm短く1mm広くなっています。これはOLEDモデルが現在のiPhone Xより狭いアスペクト比を採用することを意味しています。

厚さに関しては、6.4インチの「iPhone X Plus」は約0.35mm厚く見えます。サイズの違いが目立つため、iPhone 8 Plusのケースは、今後発売予定の6.4インチiPhoneには当てはまりません。

Macotakaraによると、6.4インチのiPhone X Plusは現在のiPhone Xと同じカメラ技術を搭載しており、TrueDepthセンサーは同じ技術になっているといいます。

最後に、6.0インチLCD iPhoneは、150.91 x 75.72 mm x 8.47 mmの厚さになっています。これは、iPhone XとiPhone 8 Plusの中間デバイスになりますが、厚みには大きな違いがあります。

下のビデオでは、iPhone X、iPhone 7、およびiPhone 8 Plusに対する2018年版iPhoneのダミーユニットとの比較が行われています。