コンセプトイメージは、Appleが決して作ることのないMacを想像

0
132

Appleは何年も何度もタッチスクリーンMacを作っていないと断言してきていますが、コンセプトデザイナーはけして諦めません。スイスのHandyAbovergleichは新たにタッチスクリーンのコンセプトイメージにチャレンジしています。

このコンセプトイメージでは、タッチスクリーンだけでなく、タッチキーボードとフル幅のトラックパッドを想定して、Appleが作ることのないMacの見事な美しい画像をまとめている。

Steve Jobsは以前、AppleがなぜタッチスクリーンMacのアイデアを拒否したのかを説明しました。

タッチ面はになるべきではない。それは素晴らしいデモを提供しますが、短時間の後には疲労が始まり、長い時間が経過すると腕が痛くなります。それはそれは人間工学的によくありません。

ジョニー・アイブ氏は昨年、アップル社がタッチスクリーン・マックを何年も前に拒否したと語りました。

Appleは、タッチスクリーンがMac上で意味をなすかどうかをテストし、この結論に達しています。

しかし、この結論とは裏腹にMacBook Proでタッ​​チバーが登場し、完全にダイナミックなキーボードに対するアイデアを生かしています。

HandyAbovergleichのMacBook Touchのコンセプトには、タッチスクリーンディスプレイとキーボードの両方が組み込まれています。

焦点は完全に新しいディスプレイと、キーボードを置き換える下部のタッチスクリーンがあります。それはまったく新しい、そして非常に現代的なMacBookを作り出していますが、普及したAppleコンピュータの特性を失うことはありません。

また、エッジ・トゥ・エッジ・トラックパッド、Apple Pencilのサポート、そして17インチ・スクリーンを備えています。

MacBook Touchに高解像度のRetina OLEDディスプレイを提供していますが、画面のマージンが僅かであるため、より大きなフォーマットになっています。これは、今のMacBook Pro 15インチと同様のフォームファクタの17インチディスプレイに適合します。