アウディとエアバスは搭乗型ドローン/電気自動車ハイブリッドを共同開発

0
229

バッテリー技術の改良により、個人向け航空機の開発が急速に進行していっています。この航空機の開発に、ドローンと組み合わせて進めている企業もいます。

アウディとエアバスは、Italdesignと提携して、搭乗型ドローンと電気自動車のハイブリッドコンセプトを元に、共同開発を発表しました。

このコンセプトには、ドローンによる無人機システムが搭載されています。この無人機システムは、電気自動車に搭載され、飛行する旅客機に変身することができるモデルになります。

エアバスは既に自律型電気VTOL機を含むいくつかの電気航空機プログラムに取り組んでいますが、現在はAudiとItaldesignと提携して電気自動車と組み合わせています。

Audalの調達担当取締役であり、Italdesignの社長であるBernd Martens博士は次のようにコメントしています。

「都市と人々の多様なニーズに対する新しいモビリティのコンセプトが関心を集めており、創造性が必要な時代です。 Italdesignは革新的な技術と革新的なプロトタイピングのインキュベーターです。 Pop.Up Nextは、将来私たちの都市生活を永続的に変えることができる野心的なビジョンです。」

ジュネーブオートショーで展示された概念のイメージは次のとおりです。