Mac用ブログアプリ、MarsEdit 4がアップデート!外観の変更、改良されたWordPressのサポート、その他


MarsEdit 4は当初、一般公開されたベータ版で公開されました。今日、このMac用ブログ公開アプリはMac App Storeで公式に利用可能になりました。 macOS用MarsEditの最新バージョンは、見た目の美しさ、WordPressのパブリッシング、Safariアプリの拡張機能など、数多くの改良点を挙げています。

更新されたデザインは、火星とロケットのアイコンを現代的でより活気に満ちている新しいアプリアイコンから始まります。アプリ自体には、ツールバーのアイコンやMarsEdit 4までの新しい塗装が施されているので、最終的には他の最新のアプリにもフィットします。

拡張されたWordPressのサポートにより、MarsEditは、特集画像、投稿形式、公開されたコンテンツの投稿者の切り替えなど、プラットフォーム上の現在の公開機能をサポートするようになりました。

MarsEdit 4以降の記事

改良されたエディタ

リッチテキストエディタでの一般的な編集変更、ライブイメージサイズの編集用の新しいビジュアルボタンバー、書き込み中にテキストを垂直方向に中央に置くための「タイプライタモード」があります。

拡張ブログアーカイブ

ほとんどのブログサービスでは、MarsEditは公開された投稿とページの全履歴をダウンロードできるようになりました。そのため、すべての書き込みのバックアップはMacに安全に保存されます。

自動プレビューテンプレートの生成

投稿を書いているときに、ウェブ上で公開されたときに表示されるのと同じようにプレビューできます。ベースラインテンプレートは簡単に作成でき、必要に応じて手動で微調整することができます。

より速くより強力なプレビューフィルタ

Markdown、MultiMarkdown、Convert Line Breaksのプレビューフィラーはネイティブに実装されているため、瞬時に書き込みを変換し、瞬時に実行できます。

目を見張るようなシステムインテグレーション

MarsEdit Safari App Extensionを使用すると、ウェブ上のコンテンツに基づいて新しい投稿を簡単に作成できます。

バージョン4.0は、ブラウザを使用せずにコンテンツのローカルコピーを使ってオフラインで確認ができます。 MarsEdit 4は、7年ぶりの更新で、初のメジャー新バージョンでもあり、購入前に2週間試す事ができます。

MarsEdit 4は14日間の無料トライアル後、ウェブとMac App Storeで$ 49.95で入手可能です(そうしないと公開機能が無効になり、編集はローカルコンテンツのみに制限されます)。 6月1日以降にWebまたはMac App Storeから購入したMarsEdit 3のお客様は、50%をセーブでき、24.95ドルでアップグレードできます。