ピクセル2 XLは、耐久性、拷問テストでピクセル2より曲がりにくいことを確認

Pixel 2 XLは先月リリースされて以来、特にディスプレイの周りに問題を抱えていました。幸運なことに、JerryRigEverythingの拷問検査では、Googleフォンの耐久性はそれほど問題視されるものでは無いように見えます

先月のPixel 2のように、アルミユニボディの上にプラスチックのような感触を提供する「ハイブリッドコーティング」は簡単に傷つきます。実際には、同じポケットに携帯電話やキーを一緒に入れていると、大きく表面を傷つける可能性があります。

コーティングは、音量および電源ボタンを含む電話の側面全体に広がっています。しかし、Pixel 2 XLの後者のボタンは、小さいKinda Blue Pixel 2のようにプラスチックの代わりに金属です。

一方、電話の背面下部にある象眼細工の「G」ロゴは非常に頑丈であり、傷つけるには強い力が必要でした。また、フロントスピーカースピーカーをカバーする金属製のグリルと、元のデバイス上のクロスで保護されています。

Pixel 2 XLは曲げ試験では優れていました。対照的に、Pixel 2のフレームは、SIMカードスロットのすぐ下のプラスチック製のアンテナラインに沿って分割されてしまいます。Pixel 2 XLはIP67の粉塵や耐水性を失うことはありません。