DisplaymateはiPhone XのスクリーンにA +評価

Displaymateは、今日、iPhone Xディスプレイの評価を発表しました。結果は印象的です。昨年のiPhone 7の性能は過去最高を記録しましたが、iPhone Xはそれを超える評価となりました。

何年もの間、DisplaymateはGalaxy Note 8からApple Watchに至る主要なフラッグシップ・ディスプレイに関する網羅的なテストを行ってきました。その格付けは、技術界で確かに重視されています。

iPhone Xの新しいSmartphoneディスプレイのパフォーマンスレコードは下記で評価されました。

視覚的に区別できないあらゆるディスプレイ(0.9JNCD)の最高絶対色精度。

OLEDスマートフォン(634ニット)の最高フルスクリーン輝度。

アンビエントライト(141)で最高の全画面コントラスト定格。

最も高いコントラスト比(無限)。

最低画面反射率(4.5%)。

視野角を最小にする輝度の変化(22%)。

これらはAppleの新しいフラッグシップに勝利をもたらしたカテゴリのほんの一部にすぎません。 Displaymateは、True Toneディスプレイ、NightShift、Mobile HDR(Appleのモバイルディスプレイでは初めて)のようなものも強調して評価しています。

DisplayMateで概説されていて、そのラウンドアップで言及された最も重要なテストは、較正でした。

「iPhone Xは、テキストブックパーフェクトキャリブレーションとパフォーマンスに近い印象的なディスプレイです!」

アップル社は常に優れたカラーキャリブレーションを行ってきましたが、この声明の一部には、Appleが今年含まれた120 Hzのタッチリフレッシュが含まれています。これは、優れた性能評価を与える際の決定的要因です。