HuaweiはGoogleのFuchsia OSをHonor Playでテスト中

0
181

新しいコード変更により、Googleの開発中のオペレーティングシステムであるFuchsiaの最初のAndroidスマートフォンとしてHuaweiの端末がテストされていることが判明しました。

GoogleとHuaweiは長らく関係性をもっており、HuaweiはGoogleの代表的な端末であるNexus 6Pを担当しています。 Googleが画期的な新しいオペレーティングシステムを開発する中で、両社が引き続き協力ていることは理にかなっています。



HuaweiはGoogleのFuchsia OSをHonor Playでテスト中

昨年、Huaweiのエンジニアは、FuchsiaのGerritソースコード管理に公開コミットを数回掲載しましたが、なんのOS計画であるかは不明でした。

Huaweiの別のエンジニアは、昨夜遅くに発表された新しいコミット内容で、Honor Playから始まるKirin 970プロセッサをベースとしたデバイス上で、新しいOSの開発に取り組んでいることを直接明らかにしました。

このコミットメッセージには、エンジニアがデバイスをFuchsiaのカーネルのZirconにブートできることが明記されていますが、Fuchsiaの他のレイヤについては言及していません。

この変更は、Fuchsiaにとってはいくつかの異なる変更であることがわかります。 Huawei Honor PlayはFuchsiaで最初にテストされたAndroid端末で、HuaweiはGoogle以外のオープンソースプロジェクトに大きな貢献をした会社です。

Huaweiの最新のゲーム用電話であるHonor Playは、Kirin 970をベースにしている多くの携帯電話の1つです。共通の基盤を持っているため、これらの他のデバイスの一部は今後もFuchsiaと互換性があります。