アップル、iOS 11の開発者ベータ10とパブリックベータ9をリリース

前回のiOS 11ベータ版から1週間も経たないうちに、Appleは10番目のデベロッパー向けのベータプレビューをリリースしました。 iOS 11は、ドラッグアンドドロップやiPad向けの再設計されたマルチタスクインターフェイス、カスタマイズ可能な新しいコントロールセンターなどの新機能などがあります。 iOS 11パブリックベータ9も利用可能です。

iOS 11 beta 10は、現在は登録されている開発者だけが利用可能です。最近のバージョンは同じ日に開始されているが、アップルは一般的に主要なアップデートのために数日間、新しいパブリックベータ版公開を待っている。

アップルの以前のiOS 11ベータ版では、新しいマップとApp Storeアイコンやその他の洗練された機能が紹介されました。来月の最終版に近づくにつれ、安定性が増し、目立った変化が少なくなると期待しています。