アップルのサプライヤは、iPhone 8の3Dセンシングコンポーネントの注文を報告

0
353

LoupVenturesのアナリストGene Munster氏によると、今朝のFQ4カンファレンスコールで、AppleのサプライヤーLumentumは、今後のiPhone 8に搭載されると思われる3Dセンシングレーザーコンポーネントの受注が大幅に増加したと報告しています。具体的には、同社は第6四半期の3Dセンシング技術の売上高500万ドルから、第2四半期中に2億ドルの受注を達成しました。

Lumentumからの新しい情報に基づいて、Munsterは3D検知カメラ技術を搭載した次世代iPhoneモデルを今年で約5500万台、来年約160万台を予測しています。

オーダー全体ではないにしても、大部分はすべてAppleに出荷されていると考えています。これらのコメントが、次のiPhoneで3Dセンシング(およびターン・イン・アールARアプリケーション)が焦点機能になることをさらに確信していると考えています。さらに、Lumentumは、VCSELレーザーの容量を約1/4に予想したものより25〜30%増加させたことを強調しました。経営陣の需要予測が好転したことを考えると、先進の3D検出機能は、これまでに期待されていたより多くのiPhoneに統合されると考えています。

Munster氏は、9月にiPhoneを発売した今年、Appleが今年発売すると予想している1億3,300万台のうち、半数以下を占めている。

Munster氏は、3Dセンシング技術を搭載したモデルが$ 950から始まると予測しています。

当社は、CY17の下半期に133百万台を出荷する予定です。 LSCが全消費者向けVSCELレーザー市場の50%を支配すると仮定すると、製造されるVCSELレーザーの大部分はアップルに移管され、VCSELレーザーの総コストは、VCSELレーザーを組み込んで、高度な3D検知機能を実現します。ハイエンドのiPhone SKUには、ローエンドとハイエンドのVCSELレーザーが搭載される予定です。ローエンドは正面になり、ハイエンドレーザーはデバイスの背面になります。ローエンドレーザーの価格は2〜3ドル、ハイエンドレーザーの価格は3〜4ドルです。製造原価を考慮すると、総部品表には20ドルのコストがかかります。