ディズニーは、独自のストリーミングサービスを開始し、Netflixとの提携を終了?

0
411

ディズニーは、収益報告の中で、Netflixとの関係を切り離し、独自のストリーミングサービスを作成することを発表しました。 ESPNストリーミングサービスが2018年初頭に開始される一方で、ディズニーは2019年に、独自のストリーミングサービスを開始すると語る。

Disneyは、Disney、Marvel、Lucasfilm、Pixarの映画をストリーミングプラットフォームに持ち込むため、昨年Netflixとの独占的パートナーシップを結んだ。しかし、本日のプレスリリースでは、この契約は、2019年に終了するようです。

ディズニーは、この戦略的な移行により、Netflixとの配信契約を、2019年の劇場版から始まる新しいリリースのサブスクリプションストリーミングで終了させる予定です。

ニュースで3%近くの株式を保有しているNetflixは、Engadgetに次のように語りました。

米国のNetflixメンバーは、2018年末までは劇場公開されるすべての新作映画を含む、Disney映画にアクセスすることができます。私たちは、世界中のウォルト・ディズニー・カンパニーと、マーベルテレビとの関係を継続しています。

ディズニーのストリーミングサービスは、Disney Channel、Disney Junior、Disney X Dの映画だけでなく、Netflixのようなディズニーライブラリーの映画を提供します。

一方、ESPNストリーミングプラットフォームは、MLB、NHL、MLS、および大学のイベントのコンテンツを特集します。ディズニーによると、ESPN paltofmrは年間約1万回のスポーツイベントを開催し、MLB.TVのようなパッケージもユーザーが簡単に購入できるようになるとしている。

ディズニーとESPNの両方のプラットフォームは、企業自身だけでなく、さまざまなアプリストアから直接入手できます。

DisneyとESPNストリーミングサービスは、DisneyとESPN、App Store、および認定MVPDから直接購入できるように計画されています。

ディズニーは、今後のストリーミング・プラットフォームの両方を支援するため、MLBAMのストリーミング会社であるBAMTechの42%を買収すると発表した。これは、メジャーリーグのインタラクティブメディアおよびインターネット企業になる。ディズニーは15億8000万ドルを支払う予定で、昨年10億ドルの投資に続き、過半数を所有している。