Apple、Apple Watchシリーズ 2 42mmの無償修理を提供

0
210

アップルは、新しいサービスポリシーの一環として、一部のApple Watch Series 2モデルで、バッテリーの不具合で電源が入らない問題が発生した場合、無料で修理してくれるサービスを展開しています。



Apple Watchシリーズ 2 42mmの無償修理を提供

アップルストアとアップルの認定サービスプロバイダに配布された社内文書によると、"Appleは、特定の状況下で、一部のApple Watchシリーズ2デバイスの電源が入らない問題が発生している場合、無料で修理を行う“ と述べています。

この文書によると、アップルの内部GSXポータルでSN4534という番号が付けられています。 Appleは、購入日から3年間、適格なデバイスのカバレッジを認可する予定です。

このポリシーは、少なくとも米国、カナダ、メキシコ、ヨーロッパで発行されたものであり、世界的な取り組みである可能性が高いものです。

バッテリーが膨れ、Apple Watchの電源がオンにならないか、ディスプレイが浮き上がる問題が発生します。上の問題の写真は、Appleサポートコミュニティで数ヶ月間共有されていたもので、その大半は2015年にリリースされた第1世代のモデルです。

OP1977という付録文書によると、Sport、Edition、Hermès、Nike +など、42mmサイズのアップルウォッチシリーズ2モデルに限定され、視覚的検査が必要です。 Apple Watchの保証ステータスは、カバレッジには影響しません。

この新しいポリシーは、元のApple Watch、Series 1およびSeries 3モデル、または38mmモデルには適用されません。しかし、数年前、アップルはオリジナルのApple Watchモデルのバッテリーが膨張する問題で、購入日から3年以内に無料修理を提供する方針を制定しました。

影響を受けた方は、お問い合わせAppleサポートページにアクセスして、

「Apple Watch」→「バッテリー、電源、充電」→「持ち込み修理」を選択し、

Apple Storeまたはアップル正規サービスプロバイダのGeniusバーで予定を予約してください。

Appleの顧問に電話やオンラインチャットで連絡するオプションもあります。バッテリーの交換は、Apple修理センターで可能です。