iPhone 8は、フロント&リアカメラで60 FPSで4Kビデオをサポート

0
349

AppleのHomePodファームウェアからiPhone 8のリークが今日も続いている。ポルトガルのニュースサイト「iHelp」は、デザインや顔認識情報などの詳細情報に続いて、iPhone 8がフロントカメラとリアカメラの両方で60フレーム/秒で4Kビデオを再生できることを明らかにしたコードを発見した。

下のスクリーンショットに示すコードは、60 FPSで4Kビデオをサポートするデバイスを示しています。興味深いことに、各行に「前」と「後」の識別子が適用されているため、両カメラが高品質のビデオをサポートするように思われます。

現在のところ、iPhone 7とiPhone 7 Plusは4Kビデオをリアカメラのみでサポートしていますが、30 FPSでしか再生できません。一方、フロントカメラは1080pに制限されています。

HomePodファームウェアによると、リアカメラとフロントカメラからの4KビデオもAppleの新しいHEVCファイルタイプをサポートし、ファイルサイズを大幅に削減します。今年初めに報告したように、HEVCはファイルサイズを半分に減らすことができます。おそらく、4Kという大きなファイルサイズの場合、必要となります。

60 FPSへのジャンプ、特に後部カメラでは、いくつかの面で理にかなっています。 1つは、Appleはほとんどの場合、各ハードウェアの繰り返しでiPhoneカメラを改良し、次のステップは60FPSのサポートになります。iPhone 8は、アップルのARKitフレームワークの一部として拡張リアリティ機能を提供することも期待されています。また、60 FPSサポートにより、より良いトラッキングなどのAR改善が可能になります。

HomePodコードからのこれらのiPhone 8のリークは、他のリークよりも信頼性が高くなります。 HomePodファームウェア内のコードは、今週初めにiPhone 8のフロントデザインを確認したと同時に、顔認識のためのデバイスのサポートについての詳細も提供しているようです。

開発者はファームウェアからの発見を続けてきました。たとえば、Face IDのApple Payサポート、新しい「SmartCam」モード、スリープからタップまでのサポートなどのヒントがあります。