アップル、iOS 11ベータ3を開発者にリリース

AppleはiPhone、iPad、iPod touchの開発者向けにiOS 11の開発者向けベータ3をリリースしました。 iOS 11は、ドラッグアンドドロップやiPad向けの再設計されたマルチタスクインターフェイス、カスタマイズ可能な新しいコントロールセンターなどの新機能をもたらします。

ベータ3の新機能は、iPadユーザーがアプリを閉じたり、Cover Sheet Notification Centerなどの動作を微調整したりするためのスワイプアップジェスチャーです。

現在iOS 11ベータ3は登録されている開発者だけが利用可能です。 Appleは、一般的に、主要なアップデートのために数日間、新しいパブリックベータ版を保有しています。

Appleは最近、DFUの復元問題を解決するために、一部のデバイス向けにiOS 11ベータ版の特別な「アップデート1」をリリースしました。今日のリリースはすべてのユーザーが利用できるため、DFUのアップデートが修正されたようです。

iOS 11ベータ3には画期的な変更はありませんが、通常のパフォーマンスと安定性の向上に加えて、いくつかの機能拡張や調整があります。

iOS 11 beta 3の新機能:

コントロールセンターのカメラアプリの洗練された3Dタッチインターフェース。 Notes Control Centerのショートカットの3Dタッチオーバーレイビューでも同様のUI変更を見ることができます。

通知センターの表紙はアップデートされています。これで、スワイプ時にすぐにすべての通知が表示されるようになりました。古い通知を表示するための上向きの操作はもはや必要ではありません。

iPadでは、スワイプのスティックでマルチタスクからアプリを削除できるようになりました。ベータ1とベータ2に表示された閉じるボタンの「x」インターフェースは、スワイプのやりとりに置き換えられました。

ドラッグアンドドロップ時のスプリングボードの応答性を改善しました。ドラッグすると、アプリケーションのアイコンが指のジェスチャーでより詳細に追跡されるようになりました。

iCloudのメッセージは、[設定]で細かいアップデートの進行状況をレポートします。

Mailはフルスクリーンとスプリットスクリーンのプレゼンテーションを切り替えるとき、大きな12.9インチiPadディスプレイで3列モードで開いているかどうかを正しく記憶しています。

Smart Invertがオペレーティングシステム全体でより正確に適用されるようになりました。

TVプロバイダの設定では、シングルサインオンをまだサポートしていないユーザーでも、ローカルプロバイダにサインアップできます。

App Storeの設定には、ビデオを自動再生するかどうかの設定が追加されました。ユーザーは、自動再生ビデオを完全に無効にするか、携帯電話ネットワークでのみ無効にするかを選ぶことができます。

OS X Serverはファイルアプリに表示されます。まだ機能していない。

Safariの3D Touchプレビュー用のUIが調整されました。

開発者にとって、SafariServicesはオンボーディングの認証フローを改善するための新しいAPIを提供します。たとえば、Facebookが更新されると、Webアプリケーションにログインしているユーザーは、パスワードを入力せずに自動的にネイティブアプリにログインできます。

Appleは本日、macOS High SierraとtvOSの新しいビルドとともに、開発者向けにiOS 11 beta 3をリリースしました。今日リリースされた新しいwatchOSベータはありませんでした。おそらく週の後半にあるかもしれません。