GoogleドライブのMacアップローダは新しく ‘バックアップと同期’アプリに

Googleは現在、Googleドライブと写真にバックアップするデスクトップクライアントを別々に用意しています。今後のMac用に登場するBackup and Syncは、Driveクライアントをより優れた統合機能を備えた新しいアプリに置き換えます。

Googleのバックアップと同期は、日々のユーザーがコンピュータからファイルや写真をバックアップできるようにするためのツールであり、どこからでも安全でアクセスしやすくします。

アップグレード後は、既存の設定が尊重されているため、Googleドライブfor Macの代わりにもなります。一方、Googleフォトデスクトップアップローダとの統合も特徴です。

通常のユーザーを対象に、Googleアカウントにログインしてからコンピュータのどのフォルダをドライブに継続的にバックアップするかを選択することで、ユーザーに歩み寄るシンプルなインターフェイスがアプリには備わっています。各フォルダーには、アップロードするように設定されているファイルの現在のサイズが表示されます。

Backup and SyncはG Suiteのお客様向けのものではないようで、今月下旬にリリースされたアカウントでは動作しません。エンタープライズ向けのDrive File Streamはまだテスト中で、今年中にG Suite Basic、Business、Enterprise、Education、およびNonprofitの各ドメインで利用可能になります。

通常の顧客のアップグレードは6月28日(水曜日)から始まります。