Final Cut Pro 10.4.2 にバグフィックスアップデート!タイムラインの選択とXMLサポートに対応

0
142

Appleは、Final Cut Pro Xのアップデートをリリースしました。今回のFinal Cut Pro Xのバージョン10.4.2は、クローズドキャプションワークフローやProRes RAWサポートなどの新機能を追加し、ユーザーを悩ませていた2つのバグが修正されています。



Final Cut Pro 10.4.2 にバグフィックスアップデート

最初のバグ修正は、Shiftキーを使用して、またはマーキー選択を使用して、タイムライン上で複数のクリップを選択することに関連する問題を修正します。このバグにより、タイムライン上の追加のクリップが誤って選択されることがありました。

2番目のバグ修正は、XMLのインポートまたはエクスポートに関連する問題を解決します。

Final Cut Pro Xの購入者は、バージョン10.4.2を、Mac App Storeから無償でダウンロードできます。以前のバージョンである10.4.1では、ProRes RAWのサポートと新しいクローズドキャプションのワークフローが含まれていました。