Logitech、将来のホームキットサポートを提供するCircle 2カメラをリリース

Logitechは本日、正式にCircle 2の新しいホームセキュリティカメラのリリースを発表しました。最新のバージョンは、オリジナルのLogi Circleカメラからアップグレードされ、より柔軟なハードウェアオプションを顧客に提供します。サークル2のユーザーは、カメラを屋内または屋外に設置し、付属品を追加することができます。

Circle 2を競合他社から際立たせているのは、屋内で使用するカメラと同じカメラを屋外で使用できることです。サークル2は、ユーザのためのより多彩な長期的な経験を確立するため、get-goから耐候性デバイスとして構築されました。ユーザが屋外設置を選択した場合、LogitechはWeatherproof Extensionを販売して、気象条件からワイヤを安全に保護します。

サークル2にはワイヤードとワイヤーフリーの2種類がありますが、サークル2の付属品でオプション間を簡単に移動できます。これはモジュール式で、顧客が使用パターンに新しいカメラをすべて購入する必要はありません。たとえば、有線サークル2を購入する場合、将来、充電式バッテリを購入することができます。これにより効果的にサークル2のワイヤーフリーバージョンになります。充電式電池、またはサークル2の電線を必要としない場合は、プラグマウントを選択して壁コンセントに直接差し込むことができます。

Circle 2のデモで特に目立ったアクセサリーの1つは、Window Mountでした。アクセサリを使用すると、サークル2をウィンドウペインに直接置くことができ、レンズのグレアが気になることなく屋外から映像を録画できます。 Logitechチームは、Circle 2がスマートであることを知り、ウィンドウマウントに取り付けられた状態で録音するとLEDの輝度を下げてグレアをカットします。

サークル2には、無料の24時間制の銀行レベルの暗号化、クラウドストレージ、アップグレードオプションが用意されています。サークルセーフベーシックサークルプレミアムプレミアムでは、それぞれクラウドストレージと製品機能のさらなるアップグレードが導入されています。クラウドセーフプレミアムユーザーは、カスタムモーションゾーンを作成して人物を検出できるようになります。

LogitechのCircle 2はLogitech.comから出荷され、出荷は7月から開始されます。