Gmailの作成アクション機能が、Dropbox、Atlassianなどと統合

0
135


今日、Googleは他のツールとGmailを統合した作成アクション機能をリリースしました。今年のGoogleの焦点の1つは、GmailのSmart Compose機能を進化させ、メールを簡単に書くことができるようにすることです。 Smart Composeには、電子メールを書く時、電子メールを書く時によく使われる一般的な単語やフレーズのオートコンプリートがあります。この機能は、最近Pixel端末でもリリースされました。



Gmailの作成アクション機能が、Dropbox、Atlassianなどと統合

Google Cloud Blogの発表通り、同社はサードパーティのサービスをGmailのコンポジションであるCompose Actions内に直接統合しています。これらのアクションは、簡単にタブを変更したり、探しているファイルやリンクを見つけたり、クリップボードにコピーしたり、メールに貼り付けたりする事ができる機能です。

代わりに、これらの作成アクションは、以下に示すように、添付ファイルとGoogleドライブのコントロールの近くのGmailの作成ウィンドウに直接表示されます。他のGmailアドオンと同様に、作成操作を使用する前にインストールする必要があります。

Dropboxの作成操作

Googleは統合機能をいくつかのサードパーティサービスと協力してきました。これには3つのGoogleドライブの競合他社サービス、Box、Dropbox、Egnyteが含まれます。これら3つのサービスはすべて、クラウドファイルへのリンクを埋め込み、受信した電子メールの添付ファイルをそれぞれのサービスに直接保存することができます。

Atlassianはまた、Jiraの課題管理サービスの統合を可能にしました。ユーザーは特定の問題をすばやくブラウズ、検索、リンクすることができます。

Composeアクションは、標準のGmailユーザーとG Suiteの両方のユーザーが利用できます。Googleでは、今後さらに多くのサービスと連携するといいます。