Andy Rubinのエッセンシャル・フォン・レビュー

Andy Rubinの新しいスマートフォンであるEssential Phoneを初めて見てから2ヶ月以上が経過しました。今回、デバイスとその仕様を完全確認できています。

エッセンシャル(基本的)な名前が付けられていますが、チタンとセラミックの材料で構成された、ベゼルなしのデザインと、印象的な仕様で699ドルで販売されています。

Vergeでは、クアルコム835プロセッサ、4GBのRAM、128GBのストレージが搭載されており、すべての主要キャリアと互換性があると報告されています。後ろ向きのカメラは13MPデュアルカメラで、2番目のカメラは暗い写真撮影用に設計されたモノクロのものです。正面向きのカメラでも8MPで4Kビデオをサポートしています。

卓越した機能デザインの1つは、スクリーンが前面に向いているカメラを包み込むようなデザインであることです。iPhone 8でも期待されているデザインになります。

それはチタンとセラミックの組み合わせで作られているので、アルミニウム製の競争相手のデバイスとは違って、ドロップテストでも「傷みなし」と評価されています。

メインコネクタはUSB-Cですが、ワイヤレスデータ転送と、アクセサリのエコシステム全体をサポートするように設計された磁気コネクタも備えています。

エッセンシャルは360度カメラを携帯電話の上部をマウントでき、同社は充電ドックも提供する。どちらも小さな金属のポゴピンで電話に接続します。

3.5mmのヘッドフォンソケットがあります。エッセンシャルは、ワイヤレスヘッドフォンが広く普及していることを踏まえて、Apple iPhoneのような仕様になってます。 USB-Cポートに有線ヘッドフォンを接続するには、ドングルを使います。

面白いことに、iPhoneメーカーのFoxconnは同社に投資をしています。