AppleがTelegramを削除した理由は、児童関連の不適切なコンテンツ提供違反のため?

0
453

人気のあるメッセージングアプリケーションであるTelegramが、なぜ先週App Storeから非公開になったのかという答えを得られました。 iOSの報告によると、Telegramアプリに「不適切なコンテンツ」が表示されていたため、数時間にわたってApp Storeから非公開になっていたといいます。



Telegram、不適切なコンテンツを配信?

AppleはApp Storeを通じて児童関連の悪意のあるコンテンツを配布することを決して許さないという立場に立っています。

App Storeチームは、アプリ内の違法コンテンツ、特に児童関連の不適切なコンテンツに目をひからせており、Telegramアプリは、それに該当したためApp Storeから外されました。チームは、違法コンテンツの存在を確認した後、App Storeからアプリを非公開にし、開発者に警告、NCMEC(National Missing and Exploited Children)を含む適切な当局に通知した。

先週、テレグラムのCEO、パベル・デュロフ氏は、アプリがなぜ非公開になったのかを回答しました。

私たちは、不適切なコンテンツがユーザーに提供され、アプリがApp Storeから削除されたというAppleの警告を受けました。保護機能が整ったら、App Storeに戻ってくる予定です。

AppleのiMessageと同様に、Telegramは、エンドツーエンドの暗号化がされた安全なメッセージング機能を提供し、ユーザー間で送信されるメッセージのプライバシーを保護します。これは、違法なコンテンツが単にユーザー間でメディア共有されるのではなく、テレグラムが使用するサードパーティのプラグインからコンテンツが提供される可能性が高いことを意味します。

テレグラムは、安全なメッセージングアプリは不法なコンテンツがユーザーに配信されないように修正を加えてApp Storeで公開されるようになりました。