アップルとサムスンは、中国のブランドが成長を続ける中、スマートフォンのシェアを失う

0
374

最近のGartnerのデータ(下)は、中国ブランドが引き続き売上を伸ばしていることから、アップルとサムスンの両方がシェアを失ったことを示しています。

実際、iPhoneの売上は前年同期比ではわずかに増加しましたが、市場全体では同期間に9%増加し、市場シェアは減少しました。アップルの世界シェアは14.8%から13.7%に低下したが、市場リーダーのサムスンはもっと厳しい打撃を受けた。

サムソンは23.3%から20.7%に自社株を落とした。

Oppoは4.6%から8.1%に増加し、最大の利益を上げました。その他の受賞者は、Vivo(4%〜6.8%)とHuawei(8.3%〜9%)でした。

iPhoneの売上高は横ばいであり、前年同期の市場シェアは低下しました。サムスンと同様に、アップルはますます中国のブランドOppoやVivoとの熾烈な競争に直面しており、中国での性能は攻撃を受けている。

ガートナー氏によると、中国のブランドは家庭内でほとんどの携帯電話を販売していますが、他の新興市場でもうまく機能し始めています。

上位3社の中国のスマートフォンメーカーは、革新的な機能を備えた競争力のある価格の高品質なスマートフォンで販売を推進しています。さらに、積極的なマーケティングと販売促進は、インド、インドネシア、タイなどの市場で、これらのブランドが他のブランドからシェアを獲得するのを助けました。

アップルは、Androidユーザーを対象とした新しい広告キャンペーンで奮闘している。このキャンペーンでは、AndroidユーザーにiPhoneがより機能的なデバイスであることを説得しようとしていますが、ほとんどの場合、簡単にスイッチを切り替えることができます。