Android Oはデベロッパー向けプレビュー2でBetaプログラムに入り、通知ドット、自動入力を追加

0
203

GoogleはAndroid Oの2番目の開発者プレビューをリリースしました。3月の最初のリリースからの「増分更新」、Androidの次のバージョンが正式にベータ版になりました。この安定性の向上により、PixelとNexusのオーナーはAndroidベータプログラムに登録できるようになりました。

Googleは、Fluid Experiencesとして便利で便利な機能を追加しました。これらには、ピクチャインピクチャ、通知ドット、Googleでの自動入力、スマートテキスト選択などがあります。

今回のリリースでは、通知ドットの通知エクスペリエンスをさらに微調整しました。ユーザーはアプリのそれぞれのアイコンを長押しすることで通知を表示できるようになりました。

一方、Vitalsは、バッテリの寿命を延ばし、さまざまな脅威からデバイスを保護することに重点を置いています。

Android Betaプログラムに登録するには、まず互換性のあるPixelまたはNexusデバイスを登録し、OTA更新通知を待ちます。

以前にAndroid Nベータプログラムに登録していた場合は、Android Oを受信するために再度登録する必要があります。Android Oメンテナンスリリース(MR)をプレビューするには、初期O以外のAndroidベータプログラムを使用することができます。そうすることを選択した場合、利用可能になったMRのプレリリース版へのOTAアップデートが自動的に取得されます。プログラムが終了すると、定期的に一般公開されます。