一部のiOS開発者は、他人のiOS検索広告レポートメールを受信していると報告!

0
302

一部の開発者は、検索広告の基本レポートメールを受け取っています。これには、通常、広告キャンペーンからのインストール数や広告に使った金額などの機密情報が含まれています。

特にApple IDの乗っ取りのような事象は発生していないようですが、間違ったメールの送信先に、検索広告レポートがおくられてしまっているようです。



検索広告レポートが誤送されている問題

以前、iTunes Connectのバグにより、開発者は他の人のアカウントにサインインできてしまう問題がありました。今回の問題はそれほど深刻ではなく、セキュリティリスクは小さいものになりますが、他人に、アプリレポート上の重要なビジネス情報がおくられてしまう点では大きな問題になりそうです。

間違って送信されたメールには、1か月間の検索広告の成果(CPI、アプリのダウンロード、合計費用など)が記載されています。機微な情報の流出にはなってしまっているものの、アカウントを使ってアクセスすることはできないので、最も重要な詳細情報までは閲覧することはできません。

今回の誤送の原因は何なのか、大きな問題にならないことをお願います。