Javascriptのやインターフェイスを簡単に導入可能なフレームワーク[Twitter Bootstrap]

Twitter BootstrapはCSSやJavascriptのフレームワークで、
開発しているWEBサイトにダウンロードしたbootstrap.jsとbootstrap.cssを埋め込むだけで、
きれいなインターフェイスや便利な機能を兼ね備えたJavascriptを導入することができます。

2013-05-16_102421


用意されているのはサイト全体のレイアウトを決めるコンテナ、ボタンや文字タイトルを機能的でシンプルに表示可能なCSS、メニューのプルダウンメニューや、オーバーレイを利用したポップアップウィンド、Tooltipをスタイリッシュに見せるJavascriptの3構成になっています。

利用方法はいたって簡単。下記のサイトより
http://twitter.github.io/bootstrap/index.html

bootstrap.jsとbootstrap.cssの入ったZIPファイルをダウンロード。
後は設置したいサイトに読み込ませ、
各タグエレメントのクラスにクラス名を指定し、各サンプルコードの通りに
コードを書くだけで完成します。

レイアウトはモバイルサイトにも対応しており、
モバイルで閲覧するとモバイルサイトの大きさに合わせて
モバイル用の表示に切り替わるようになっています。

これをWEBパーツに使えば、
機能的なページが簡単に作成できますね!


http://twitter.github.io/bootstrap/javascript.html