紛失したiPhone、iPad、Macがオフライン状態でも探し出す方法

0
354

Appleは以前から「iPhoneを探す」で紛失したデバイスを追跡する方法を提供してきましたが、iOS 13とmacOS Catalinaでは、AppleのiPhoneを探すプラットフォームが 「探す」アプリに統合され、便利な機能が拡充されました。

新しい「探す」アプリはiOS 13とmacOS Catalinaで利用可能で、「友達を探す」アプリとも統合しています。「探す」アプリでは位置情報からデバイスを見つけるだけでなく、位置情報を共有している友達がどこにいるかも確認することができます。

「探す」アプリの目玉機能の1つは、紛失したiPhone、iPad、Macがオフライン状態でもデバイスの位置を特定することができます。この機能を使えば、Appleデバイスを紛失した場合に、そのAppleデバイスがWi-Fiや携帯電話の通信できない状態でも、オフライン状態であっても探せる可能性があることを意味します。

Appleは、新しい「探す」アプリのオフライン位置情報サポートについて次のように説明しています。

クラウドソーシングされた位置情報を使用して、Wi-Fiや携帯電話に接続されていない場合でも、行方不明のデバイスを見つけることができます。デバイスを紛失した場合に「探す」を利用すると、他のAppleユーザーのデバイスが近くにある場合、紛失したデバイスのBluetooth信号を他のAppleユーザーのデバイスが検出して、紛失したデバイスの位置を報告してくれます。この方法では、完全に匿名でエンドツーエンドで暗号化されているので、プライバシーは守られています。



紛失したiPhone、iPad、Macがオフライン状態でも探し出す方法

  1. Appleデバイスで「探す」アプリを開きます。
  2. 下の「デバイスを探す」タブをタップ
  3. リスト表示かマップ表示でデバイスを確認できます。

タップすると、「音を再生」したり、「紛失としてマーク」したり、「このデバイスを消去」で初期化したりすることができます。