iPhone 11のカメラでDeep Fusionを使用して撮影されているか確認する方法

0
247

無料のメタデータ写真・動画アプリ「Metapho for iPhone」の新しいアップデートにより、iPhone 11で撮影した写真がDeep Fusionで撮影されたかどうかを確認できるようになりました。また、「Metapho for iPhone」 では、Deep Fusionが使用されたかどうかを確認できるだけでなくEXIFメタデータの表示や編集も可能です。

Metaphoは、写真にiPhone 11のDeep Fusionが使われたかどうか確認が可能なデータを表示できる機能を最新のアップデートで追加しました。このDeep Fusion機能は、iPhone 11で写真を撮影する際に、AI機能を使って映像をより鮮明に加工して撮影してくれる機能ですが、撮影後にDeep Fusionが使用されたかされていないかは確認するすべがありませんでした。

「Metapho for iPhone」 は、Deep Fusionの有無を検出可能な最初のアプリになりそうですが、AppleはDeep Fusionの有無を検出されることをよく思っていないため、この機能はいずれ削除され可能性もあります。



iPhone 11のカメラでDeep Fusionを使用して撮影されているか確認する方法

  1. 「Metapho for iPhone」をダウンロードして開いたら、アプリからフォトライブラリへのアクセスを許可します。
  2. 「Metapho for iPhone」の起動後、メタデータを確認したい写真を選択します。
  3. メタデータの一番上にある「画像情報」の下に、Deep Fusionを使用している場合は「Deeply Fused」と表示されています。

カメラセクションの下には、Deep Fusionを使用した写真の画像数も表示されます。

「Metapho for iPhone」では、ナイトモードが使用されたかどうかも表示されるようになりました。

Metapho (3.4.8)
カテゴリ:写真/ビデオ
販売元:Zininworks Inc.
価格:無料 (2020/04/22)