watchOS 6で搭載されたApple Watchのノイズアラート機能とは?

0
290

watchOS 6では、Apple Watchでノイズアラート機能が搭載されました。今回はノイズアラート機能の詳細と、watchOS 6でノイズアラートをカスタマイズして、「オン」にする方法をご紹介します。

watchOS 6には、Apple Watchの健康向け機能としてノイズアラート機能用に新しいノイズアプリが追加されました。 ノイズアラート通知はデフォルトでオフにになっており、必要に応じてカスタマイズまたはオンにする事ができます。



Apple Watchのノイズアラート機能とは?

Apple Watchのノイズアラート機能は、周囲の音を監視し、デシベルレベルが聴覚に有害かどうかを通知する機能です

ノイズアプリのデフォルトは、平均サウンドレベルが3分を超えて90デシベルに達するか超えた場合に通知で警告するように設定されています。

また、ノイズアプリでは、周囲のノイズが特定のデシベルレベルに達したときに自動的にノイズアラート通知を送信する機能のほかにアプリを開いて間、周囲の音の測定値を表示できる機能があります。

watchOS 6でノイズアプリをカスタマイズして「オン」にする方法

  1. iPhoneでWatchアプリを開く
  2. 下にスワイプして「ノイズ」をタップします
  3. 「ノイズしきい値」をタップしてアラートをカスタマイズしてアラートを「オン」にします

機能を完全にオフにする場合は、ノイズアプリのメイン設定ページで環境音の測定の横にあるトグルをタップします