iOS 14ではアプリを完全にダウンロードしなくても起動できる機能を開発

0
340

Appleはサードパーティアプリをすべてダウンロードせずにアプリを起動できる機能の開発に取り組んでいます。この機能により、ユーザーはQRコードをスキャンしてアプリの機能の一部を体験できるようになります。



アプリを完全にダウンロードしなくても起動できる機能とは

具体的にどのような機能かというと、通常、iPhoneまたはiPadにインストールしていないアプリをリンクから開くかQRコードをスキャンするとSafariでそのリンクが開き、アプリのインストールではなく、アプリを開くユニバーサルリンクを提供できます。 しかし、iOS 14のコードから判明した「クリップ」と呼ばれる新しいAPI機能を使うとアプリをダウンロードせずに試す事ができるようになるようです。

この新しいAPIを使うと、インストールしていない場合でも、開発者はアプリからインタラクティブで動的なコンテンツを提供できます。 Clips APIは、アクセスできるビルドのQRコードリーダーと連動し、ユーザーはアプリにリンクされたコードをスキャンして、画面に表示されるカードから直接操作できます。

例えば、YouTubeから動画へのリンクを含むQRコードを読み込みましたが、公式アプリがiPhoneにインストールされていないとします。 iOS 14とClips APIを使用すると、そのコードをスキャンした後、アプリのをダウンロードしてなくても、Webページではなくネイティブアプリのユーザーインターフェイスを表示させフローティングカードにビデオが再生されせる事ができます。

開発者は、コンテンツを読み取るために、アプリのどの部分をOver-The-AirパッケージとしてiOSにダウンロードするかを指定する必要があります。 フローティングカードには、App Storeからアプリのフルバージョンをダウンロードするオプション、またはアプリが既にインストールされている場合はアプリでそのコンテンツを開くオプションが表示されます。

Androidには「スライス」と呼ばれる同様の機能があり、Google検索結果やGoogleアシスタントなどの場所にアプリのインタラクティブな部分を表示させる機能があります。