Adobe XDはクラウドドキュメントのサポートを追加!ライブコラボレーションを強化

0
303


Adobeは本日、10月のAdobe MAXクリエイティブカンファレンスでのメジャーリリース以来、ユーザーエクスペリエンスの設計とプロトタイプ作成ツールのAdobe XDを初めてアップデートしました。今日のアップデートでは、ユーザーがファイルを作成および管理する方法が大きく改善されています。



Adobe XDはクラウドドキュメントのサポートを追加!ライブコラボレーションを強化

Adobe XDの新機能にはクラウドドキュメントのサポートが含まれまています。 Creative Cloud、iCloud Drive、またはDropboxで同期されるローカルファイルやストレージとは異なり、クラウドドキュメントを直接読み込めAdobe XD内でシームレスなファイル管理を可能にします。Adobeはこのアップデートにより、他の設計者との共同作業が容易になると語っています。

今日から、クラウドドキュメントはXDで使えるようになりました。ファイルは自動的に保存され、アップロードされ、オフラインになるとローカルに変更がキャッシュされます。 XDのクラウドドキュメントの最初のアップデートには、時間の経過とともに拡張される基本機能セットが含まれています。アドビは、現在利用可能な以下の機能について説明しています。

  • **自動保存 **- ドキュメントの最新バージョンが自動的にクラウドに保存されるため、手動で保存する必要がなく、OSやアプリのクラッシュによるデータ損失を心配する必要はありません。

  • すべてのものが1か所に Adobe XDのようこそ画面で、クラウド文書と共有ファイルを見つける事ができます

  • 簡単かつ簡単に共有 – 組み込みの共有ワークフローを使用して、他のデザイナーをドキュメントに招待できます。プロトタイプや設計仕様のレビューや開発のワークフローを共有したい場合に便利です

  • どこでも – ドキュメントは、MacまたはWindowsの両方で使用でき、作業したいどのような場所でも利用できます。クリエイティブクラウドアカウントを使用してサインインするだけで、Adobe XD内のすべてのドキュメントをデスクトップとモバイルで見ることができます。

  • リンクされたアセット – あるドキュメントのシンボルをコピーし、別のドキュメントを使用した場合も自動的にリンクが生成されます。オリジナルに変更が加えられると、リンクされたシンボルを使用するドキュメントでもシンボルが更新されます

Adobeは今後、レビュー機能を強化し、インスタントデザイン、他のデザイナーとのライブコラボレーション、ファイルのバージョン管理などの機能を追加することを約束しています。クラウドドキュメントとCreative Cloudライブラリを使用することで、ユーザーは堅牢な設計システムを作成して管理することができます。