サムスンの新しいデバイスはノッチ付きのディスプレイに!

0
71

サムスンは、薄型ベゼルデバイスにノッチ部分を採用していない数少ないスマートフォンメーカーの1つです。しかし、それはまもなく変わるかもしれません。今年のデベロッパーカンファレンスで、サムスンはベゼルをスリム化するためのいくつかの新しい方法を披露しました。



サムスンの新しいデバイスはノッチ付きのディスプレイに!

多くのAndroidのファンは、サムスンがノッチ付きディスプレイの採用を避けていることに賞賛していますが、他のすべてのAndroid OEMがノッチ付きディスプレイを採用しており、正直なところ、サムスンが今後ノッチ付きディスプレイを避けることは難しくなりそうです。今日、サムスンは折り畳み式携帯電話のコンセプトを発表する予定ですが、サムスンが新しい端末でベゼルを間引くためにどのような手段を採用するかも注目されています。

Galaxy S8 / S9とNote 8/9のInfinity Displayに続いて、Samsungはこの技術のパイプラインに4つの概念を追加しました。インフィニティU、インフィニティV、インフィニティO、そして「ニューインフィニティ」と呼ばれています。この中でも、2つのディスプレイにはかなり明確なサムスンノッチがあり、別のディスプレイホールには「ディスプレイホール」が採用されています。

インフィニティUは、少なくともPH-1のエッセンシャルのカメラノッチとほぼ同じようなデザインを使用しているようです。 Infinity-Vのデザインにも同様のコンセプトがありますが、よりシャープなデザインです。 Infinity-Oには、ノッチはありませんが、おそらくカメラセンサーを収納しているディスプレイに穴があります。 「新しいインフィニティ」デザインにはノッチや穴がありません。