MacOS用1Passwordは、MacOS Mojaveのセキュリティ強化のため、自動サブミット機能を無効に

0
168

1PasswordはMac版アプリの最新バージョンでパスワードの自動サブミット機能を無効にしました。1Passwordのこの対応はMacOS Mojaveのセキュリティ強化によって強制されているといいますが、それはAppleが取った決定に従ったものだといいます。



MacOS用1Passwordは、MacOS Mojaveのセキュリティ強化のため、自動サブミット機能を無効に

以前のバージョンの1Passwordでは、保管しているログイン情報を使い自動的ログインするすることができたため、Webサイト上のログイン画面表示後に、何もせずにログインすることができていました。これは、1Passwordがパスワード情報を入力した後、自動的にリターンキーを送信したためです。

しかし、MacOS Mojaveは、アプリが自動でリターンキーを押す機能に「制限」を設けています。つまり、1Passwordはこれを行うことができません。1Passwordはこれを反映して、すべてのバージョンのMacOSで自動サブミット機能を削除しています。

1Passwordは以下のようにコメントしています。

1Passwordは自動的にパスワードフィールドにフォーカスし、入力します。送信ボタンをクリックすることはありませんが、Enterキーを押すだけですべての設定が完了します。 Command- \ fillキーボードショートカットと同じく、問題なく動作します。

自動的にパスワードを送信する機能を削除することは、適切な対応であり、セキュリティも保護できます。

バージョン7.2では、アプリでSafariサポートが直接対応しているため、別のブラウザ拡張機能をインストールする必要はなくなり、セキュリティ攻撃に対する追加の保護機能は必要なく、Appleは、1Passwordがマルウェアフリーのアプリであると認識しています。

視覚的には、1Password 7.2もダークモードをサポートしています。 1Passwordは30日間の試用版でMac App Storeから無料でダウンロードできますが、定期購入が必要です。