ドローン・レーシング・リーグとBMWが最速のレーシング・ドローンを製作

0
333


すべての自動車メーカーが無人機に興味を持っているようです。メルセデス・ベンツはチューリッヒのドローンでのテストを行っており。ポルシェは最新のEVコマーシャルでドローンを持っています。フォードはFAA UASシンポジウムに参加し、次のF150ピックアップトラックでドローンを販売したいと考えています。そして現在、BMWはDrone Racing League(DRL)と提携して最速のレーシングドローンを開発しています。



ドローンレーシングリーグとBMWのパートナーシップ

昨年、ドローン・レーシング・リーグは、ギネス・ワールド・レコーズの認定を得て、バッテリ駆動のリモートコントロール、クワッドコプターによる最速の対地速度を記録しました。彼らは163.5mphの最高速度を達成し、さらにBMWの助けを借りて、その記録を破ることに熱望しています。

Engadgetの記事では、BMWとのパートナーシップは、技術的なノウハウを提供し、BMWの空力試験センターで風洞設備を提供することによって、DRLを2つの方法で支援できるようです。これにより、昨年の記録は塗り替えられると予測されます。さらに、BMWはドイツのミュンヘンにあるBMW WeltセンターでDRLレースを開催する予定です。

BMWブランドの経験者であるJörgReimannは次のように語っています。「非常に競争力の高いタイプのレーシングで、非常に高性能な素材とデジタル技術の相互作用によって特徴付けられています。」

BMWとDRLのパートナーシップは、スポーツでさらに注目を集め、DRLを世界のドローンレーシング団体として確立させようとしています。