使っていない古いApple Watchモデルを、睡眠追跡ツールとして使用する方法

0
274

古いApple Watchを専用の睡眠追跡ツールにかえて、古いApple Watchでも有効に使う方法があります。

Apple WatchはHealthKitと連携し、互換性のあるアプリで取得したスリープデータをiPhoneのHealthアプリに送信します。つまり、運動データ、栄養および心拍数データ、および健康アプリに保存されているその他の情報を睡眠データと一緒に見ることができます。



睡眠追跡アプリ

アップルウォッチを専用の睡眠追跡ツールにすることができますが、この機能はまだ標準機能として組み込まれていません。今の仕様では、睡眠追跡のためのアプリが必要ですが、沢山のオプションがあります。

Apple Watchのベスト睡眠追跡アプリは、セッションを開始したり停止したりする必要なく、自動的に動作するものです。以下のアプリが代表的な睡眠追跡アプリになります。

  • オートスリープ
  • ベッドディットフリー
  • ピローフリー
  • スリープ++無料
  • 睡眠サイクルフリー
  • SleepWatch Free

Bedditは2017年5月にAppleによって買収され、買収以来更新がありません。Bedditは主に、これらのオプションに似たハードウェアスリープトラッカーであり、マットレスとシートの間に置くものになります。また、2015年10月に開始したナップトラッキング用のApple Watchアプリも含まれます。

「睡眠サイクル」アプリは長い間、iPhone用の人気の睡眠トラッカーでした。 「睡眠サイクル」はApple Watchアプリもありますが、睡眠を追跡するための開始と停止を手動でおこなう必要があります。

AutoSleep、Pillow、Sleep ++、SleepWatchはすべて、Apple Watchを装着するだけで自動的に睡眠追跡を行います。

スリープモード

Apple Watchを装着し睡眠に入る前に、スリープモードをオンにして夜間に迷惑な通知がこないようにします。この設定は、iPhoneがApple Watchと通信し、アラートの停止やスリープトラッキングウォッチの表示をオフにしてくれます。

設定方法は、iPhoneのWatchアプリを起動し、My Watchタブを使用し、リストの一番上にある時計をタップして、Auto Switchがオンになっていることを確認します

watchOS 5を搭載している場合は、低心拍警告をオフにしたいところです。人眠っている間は心拍数がはるかに低くなるため、不本意な通知をおこなう可能性があります。

iPhoneのWatchアプリを起動、心拍数セクションの下の[マイウォッチ]タブから「心拍数」「低心拍」アラートをオフにします。

次に、睡眠の追跡に使用するApple Watchで、時計の底面からスワイプしてコントロールセンターを開きます。月のアイコンとマスクのアイコンの両方をタップして、通話不可とシアターモードを有効にします。これでApple Watchをサイレントモードにできます。