iOS 12.1では、iPhone XSで撮影時にデプスコントロールのリアルタイムプレビューが可能に!

0
98

iPhone XSとiPhone XS Maxには、撮影後のポートレートモード写真で、ぼかしレベルを編集する機能がありますが、Appleは、さらにポートレートモードのプレビューでぼかしを編集する機能をiOS 12.1でリリースする予定です。 Depth Control機能のリアルタイムプレビューは、iPhone XSとiPhone XS MaxのiOS 12.1デベロッパーベータとパブリックベータ版で実際に利用可能です。今回は、iOS 12.1搭載のiPhone XSで、リアルタイムプレビューのデプスコントロール機能をご紹介します。



iPhone XSのデプスコントロール

ポートレートモードで静止画をキャプチャした後、iOS 12.0には編集インターフェースから写真のデプスコントロールが可能です。この場合、iOS 12.1のベータ版は必要ありません。

ポートレートモードの写真で[編集]ボタンをタップするだけで、f1.4〜f16のアパーチャースライダを含む深度スライドが表示されます。絞り値が高いほど、写真に適用されるぼかしが少なくなります。

iPhone XS で撮影時にデプスコントロールする方法

iPhone XSとiPhone XS Max向けiOS 12.1ベータ版の新機能には、写真を撮る前にこの奥行きを調整できる機能がありますiOS 12.1のカメラアプリでポートレートモードにすると、ビューファインダーの右上に新しい "f"ボタンが表示されます(または、ポートフォリオの左上に表示されます)。

新しい "f"ボタンをタップすると、シミュレートされたアパーチャ・レベルを調整するための同じ深度スライダが同じf1.4〜f16オプションで表示されます


ポートレートモードでは、スライダのエフェクトがキックインされるため、被写体をターゲット設定する必要があります。その後、ぼかし効果の調整をリアルタイムで確認できます。

f1.4は最大のぼかし量を適用し、f16は最低限のぼかし量を適用します。また、プレビュー中に手動でぼかしレベルを調整しても、撮影後にぼかしレベルを編集することもできます。

ビューファインダーのぼかしレベルを編集すると、iOS 12.1ベータ版の背面カメラと正面カメラの両方でポートレートモードが動作します。

Appleは来月後半にすべてのユーザーにiOS 12.1をリリースする予定です。