Amazonは第2世代Echoラインナップを発表!性能改善と大型画面を搭載したEcho Showが登場!

0
91


先週末、Amazonはシアトル本社で新しいハードウェアを発表しました。アマゾンはこのイベントで、エコースピーカーの新ラインナップと、新しい自動車用アクセサリーなどを発表しています。



Amazonは第2世代Echoラインナップを発表!性能改善と大型画面を搭載したEcho Showが登場!

Echo、新しい機能と性能改善

Dave Limp(Kindleの副社長)氏は、Alexaはこれまで以上に多くのスキルにアクセスできるようになり、環境をより意識するようになったと語りました。たとえば、エコースピーカーは、子供を寝かしつける場合の声を検出できるようになります。

Alexaチームは、インタラクティブ性を「会話型対トランザクション型」にするための新しいフォローアップ・モードに主に焦点を当て改善をおこないました。これにはアクセシビリティに関する再考も含まれています。 Tap-to-Alexaを使用すると、近くのサービスをタップまたはタッチしてデバイスを呼び出すことができます。Echo Showでは、追加のデバイスにアクセスすることができます。

第2世代Echoラインナップをリードするのは、新しいEcho Dotスマートスピーカーです。10月にリリースされるのは$ 50のファブリックラップデザインのEcho Dotスマートスピーカーです。 Amazonは、従来のプラスチック製のホッケーパックのデザインを、より魅力的なケーシングのために設計しています。予約注文は、今日から利用可能です。

Echo Dotミニバンも、来月より小さなデザインで登場する予定です。 Echo Inputは35ドルで販売され、内蔵のスピーカーはありません。これは単に、複数のシステムを接続してAlexaの機能を利用できるようにする機器になります。このデバイスは、マルチルームオーディオをあらゆるスピーカーメーカーに提供されるSDKと同時にリリースされます。

Echo Subは今日、これらのマルチルーム機能と共に発表されました。Echo SubはHomePodやGoogle Homeなど、競合他社の製品が意識されています。 Echo Subは129.99ドルで販売され、スポーツは同じファブリックラップデザインになります。新しいエコーリンクやエコーリンクアンプと並行して動作し、エコーマルチルームオーディオファミリーにスピーカーシステムを可能にするマイクフリーアクセサリーです。 Echo Linkは199.99ドル、Echo Link Ampは299.99ドルで販売される。これらはいずれも2019年に出荷予定です。

リフレッシュされたEcho Plusは、今日、新しいファブリックラップされたデザインと統合されたサーモスタットセンサーで発表されました。Ecobee4サーモスタットを除けば、この種の統合テクノロジーを持つスマートホームハブが非常に少ないため、この動きはAmazonにとって懸命な選択です。 Echo Plusはスマートホームの究極的な中心製品になるように設計されています。 Amazonはまた、「Local Voice Control」のアンラップも行っています。これにより、ユーザーは電源が切れてもAlexaのスキルを利用することができます。Echo Plusは149.99ドルで販売されます。

次は、Alexaのスキルを統合した古い学校のアナログ時計のようなEcho Wall Clockです。ただし、ウォールクロックには内蔵スピーカーは含まれていません。それはあなたの家の中のただ1つのマイクで、既存のEchoデバイスと連携して機能します。 LEDバックライトを搭載しており、時間帯の変化に自動的に調整されます。今年後半には30ドルで出荷される予定だ。

今年は第2世代Echo Showが大幅に改善されています。これには、リアルタイムのDolby処理を備えた新しいバスラジエータのデザインが含まれています。。ここで注目すべきは、デバイス全体をカバーする巨大なディスプレイです。 Echo Showには、内蔵のZigbeeハブを含むEcho Plusと同じスマートホーム機能がすべて備わっています。230ドルで販売され、来月出荷されます。