Googleは、MacOS版Chromeのダークモードを開発中!

0
235


MacOS 10.14 Mojaveは来週公開される予定ですで、エキサイティングなユーザー機能の1つに、システム全体のダークモードがあります。さまざまなAppleのネイティブアプリやサードパーティのアプリがこのテーマをサポートする予定で、GoogleもChromeアプリ向けにダークモードの開発を行っています。



Googleは、MacOS版Chromeのダークモードを開発中!

Chromiumチームは、Appleが6月にWWDC 2018でMojaveを発表して以来、ダークモードについて議論してきていました。今日のXDAで発見されたこのデザイン開発は、マテリアルデザインのリフレッシュが公式に行われる前に開始されていたようです。

macOS 10.14では、システムのカラーパレットを暗い色にスワップする「ダークモード」が導入されました。 Chromeは現在これをサポートしていません。

Googleはここ数カ月間この機能について定期的に取り組んでおり、9月上旬にGoogle社員がChrome 71でのリリースを提案しています。グレーのテーマはブラウザのトップクロム、オムニボックス、さまざまなメニューに適用される可能性があります。

ただし、これは既存のシークレットモードやプライベートモードとよく似ているため、エンドユーザーにとって混乱を招くことになります。ダークモードは、特にデスクトップのブラウザであまり意味がありません。ウェブの大部分は、明るく白い背景が特徴です。暗いコントロールとタブの細いストリップは、夜間の作業を改善するためには役に立ちません。

それでも、暗いモードによるmacOSアプリケーション全体の一貫性には理想的であり、うまくいけばすぐにリリースされる可能があります。